神戸Pythonの会 #9「Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド」出版記念 2

2017-05-22(月)19:00 - 21:00

神戸デジタル・ラボ 10F セミナールーム

兵庫県神戸市中央区京町72 新クレセントビル 10F

Tomokazu Kitamura + 4人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

◯ねらい:
近年O'Reilly社からPython関連の翻訳本が多数出版されるなど、 プログラミング言語Pythonへの注目度がにわかに高まっています。 業務システム、データ分析、機械学習、IoT、セキュリティ、 ウェブアプリケーションと活用される範囲が多岐にわたることも特徴です。 Pythonユーザーが集まり気軽に交流できる場をめざします。

◯対象:
・Pythonを趣味や業務で利用している方
・pythonの理解を深めていきたい方
・Pythonについて情報交換できる仲間が欲しい方
 ※学生・社会人問いません。初心者の方も大歓迎です。

◯今回のテーマ:
データの収集(クローリング・スクレーピング)のことをテーマに取り上げます。

神戸Pythonの会にもよくご参加いただいているメンバーであり、
2016年12月16日に出版された「Pythonクローリング&スクレイピング -データ収集・解析のための実践開発ガイド」( https://www.amazon.co.jp/dp/4774183679 ) の著者の加藤 耕太 氏より、出版を記念してお話しいただきます。
著書の解説を通してPythonによるクローリング・スクレイピングについて学びを深めていきたいと思います。 2回目の今回は特にChromeでの実装でも話題になっているヘッドレスブラウザによるスクレイピングを取り上げていただきます。

◯準備物:
Wifi接続可能なPCの持参をお願いします。

◯予定:
19:00 - 19:15
今日やることの共有 自己紹介
19:15 - 20:00
Pythonによるスクレーピングおよびクローリングについて 加藤 耕太氏
20:00-20:50
もくもく会(各自それぞれが課題をもちより、もくもくする時間です。)
20:50 - 21:00
わかちあい

コミュニティについて
神戸Pythonの会

神戸Pythonの会

近年O'Reilly社からPython関連の翻訳本が多数出版されなど、プログラミング言語Pythonへの注目度がにわかに高まっています。業務システム、データ分析、機械学習、IoT、セキュリティ、ウェブアプリケーションと活用される範囲が多岐にわたることも特徴です。 しかしながら日本ではまだまだコミュニティが少なく初学者向けの講習会や上級者がライトニングトークをする場はあってもPythonユーザ...

コミュニティに参加